bnkosyouのブログ

表記された言葉の奥にあるもの//言い終えて何かあるか、俳句は詩、ということを忘れている人は多い

😅東の空にたなびく雲。

    藻の花や雲しののめの水やそら

                     蕪村

              「や」が二つ、ややこやしい。

         上五の「や」は切れ字でもあるし、強意でもある。

              座後の「や」は並列の「や」

 

                    ―

(東雲「しののめ」)東の空がわずかに明るくなる頃・あけがた・あかつき・明け方に東の空にたなびく雲。

蕪村にしては出来の悪い句、“しののめ”と言えば、「雲」を出す必要はない。

この句、蕪村句集にも、新花つみにも載っていない。

出典は(角川歳時記)