bnkosyouのブログ

表記された言葉の奥にあるもの//言い終えて何かあるか、俳句は詩、ということを忘れている人は多い

😍俳句に魂を入れるのは読者/NO2

 

    藻の花のあはれ流れてゆかぬなり

                    矢島渚男

     流れて行かぬ藻の花、哀れと言っている。

      なぜ哀れなのかは読者の胸の内にある。

   藻の花の擬人化、未練を断ち切ることが出来ない。

      渚男、やるじゃない、さすが一流俳人。

   櫂につづいて一句読んだ、という充実感に浸る。